自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『怒り』という表現  

「お宅のグループの営業マン、どうなってるの?全く話にならないよ!」
いつもは温厚な設計部門の次長が珍しく怒っている。
それまでチーバカのところでやていた原図のコピーサービスを、グループ会社であるE印刷に移管してまもなくのことであった。

印刷ミスが起こり、担当営業に原因を問質したが、
原因には答えず、「値引き処理をする」と繰り返すだけ。
そんな営業と話しても埒が明かないので、チーバカを呼んだのだと言う。
な~るほど。

いったい、製造業にとって最も重要とされるものの一つが『品質』である。
特に設計部門は『品質』には厳しい。
だからミスが起こった場合、必ず原因究明が求められる。
でなければ、また同じミスを起こしかねない。

ミスをが起こるのは仕方の無いことである。
しかし、同じミスを繰り返す。
それは信頼を大きく損なうことになる。
それを防ぐために原因を究明する。
製造業に限らず、もっとも基本的なことなのである。
しかし同じ製造業である(はずの)E印刷の営業に話しが通じない…

そして、そんな営業マンをよこすような会社へ移管させたE事務機への不満も含めてチーバカが呼ばれたのであろう。
なぜなら、筋をわきまえた次長がチーバカに怒りをぶつけることは本来考えられないからである。

しかし、チーバカと話をするにつれて次長の怒りはすぐに収まった。
チーバカはただ話を聴いていただけであるが、
次長の考えを理解していたし、次長にもそれがわかったからである。
そして、チーバカに
「なんとかして欲しい」と。

世にクレームをいうものがある。
そして多くの人はそれを嫌う。
なぜなら多くの場合「怒り」というかたちで表現されるからである。
しかし、実際のところクレームの大半はこれなのである。
つまり、「なんとかして欲しい
それがわかってから、チーバカ。
クレームが好きになったのである。
「なに?私の力が必要とな?う~む、やるだけのことはやりましょう。ムハハハ!」

クレームに限らず、人が「怒る」というのは「困っている」ことの裏返しなのではなかろうか?
今はそう思っている。

え?この件に関してどう対応したかって?
E印刷の責任者を引っ張り出しました。
問題の本質が「営業マンをよこすような会社」にあると理解したので、
E印刷の姿勢を説明しうる立場にある人間と話すのが一番だと。

「そんなことなら、チーバカに頭を下げなくったて、直接『ゴッルラ~責任者呼べ!』でいいじゃん!」
でもそれはそれでパワーが要るし、相手も身構えちゃって効果があまり期待できないっしょ。
話を理解してるチーバカを使って、先にやんわり真意を伝えておいた方が期待が持てるっしょ?
次長の『喧嘩』の仕方はとても正しいと思うチーバカでありました。


スポンサーサイト

チーバカ動物園  

更新が滞り過ぎるようなので、ちょいと写真でもアップ…

これは馬
馬


え?馬には見えない?
でも、業界ではそう呼ばれている。

じゃ、こんなんでどう
馬2


ちっとは馬っぽく見えるだろうか?

材料を置いたり、角材などを加工する場合に使う
馬3

ああ、ミニチュアホースが欲しい…
欲しい、欲しい、欲しい!

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。