自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンカチ  

003_20090531020428.jpg

スポンサーサイト

  

002_20090531020413.jpg


これは釘

いや、「それがどうした?」と言われても…

今日の記事UPの経緯に関しては、とある方から、
「似たもの夫婦の記事のリンク貼ったらあかんがなっ!~~~ヽ(`Д´*)ノ
とにかくリンクをはずしてください。で、何事もなかったよ~にトンカチの写真だけ載せといてください。」
との指示を受けているのでリンクを張れません。

でも、何故釘の記事になったのかと言うと、
「悪事がバレたら困るので、はよポポンと2つ3つ記事をUPして、この記事を後ろに回してください。早くしないと間に合わない!遅いことは牛でもしますよ!!はよはよ~~今夜中にこの記事を後ろに回してください☆釘やトンカチの画像でもてきと~にUPしてください!!」
という経緯でそうなりました。


最近は大工はあまり釘を使わないので、
釘を探すのに苦労しました。
ビスや変わった金物ならなら、いくらでもあるので、記事もたくさんできるのですが、
よりによって『釘』とは・・・
ホント無理な注文をする方です。。。

似たもの夫婦?  

「ちょっとパソコン上げてて」
テーブルを拭くのに邪魔になる。
で、キーボードを叩いている夫に指示を出す。

夫は『テーブル拭くくらいすぐ終わるだろう』と、ノートパソコンを持ち上げている。
しかし、テーブルに置いてある他の物を片付けながらの作業。
すぐには終わらない。

ノートパソコンとは言え、『前へ習え』の状態で持ち続けるは疲れるので、
パソコンを膝の上に置いておくことにする。

嫁「なにやってるのよ!」
夫「?」
嫁「誰がパソコンを降ろしていいって言ったのよ!」
『あ、なるほど・・・。』

夫「それって、似たもの夫婦になってない?」
嫁「なに言ってるのよ失礼ね。私はアナタほど性格悪くないわよ!」

いや、充分性格悪いのですが・・・

初めまして、マロンです  

3232.jpg



え?私?


010.jpg

初めまして。マロンです。

この度、チーバカさんの家の隣に越してきました、マメ柴の女の子です。
皆さんはチーバカさんをチーバカさんと呼んでおられるようですが、
私はdaiku さんと呼んでます。
リュー共々お家を造ってもらったんです。

002.jpg

あ、これはまだ造り掛けですね。

こちらです。
016.jpg

今までのカラーボックスのお家と違って、とっても立派です。
ご主人様が変な色で塗装してしまいましたが、
私はとっても気に入っています。

初めは怪しげな隣人だと思ったので、ワンワン吠えてやったのですが、
家をつくってくれたので、許してあげることにしました。

私ははっきりした性格で、物をくれる人は大好きです。
daiku さんが見えるとつい尻尾を振ってしまいます。

裏で怪しげな奴らが何かをしていたので吠えていると、
「マロン!吠えなくてもいいの!」とdaikuさんが言ったので、
daikuさんの顔を立てて吠えるのを止めてあげました。
だからdaikuさん、何かちょうだい・・・ケチ!

口から鼻うがい(実践編)  

さて前回の続き。

「チーバカ鼻うがい」の方法。

1.塩水の濃度
  真水はどうやら浸透圧の関係で、鼻に入るとツーンとする痛みがあるようであるし、
  何よりも、当面の目的である殺菌ができない。
  で、塩水の濃度であるが、
  本当は体内の塩分濃度くらいが体にはいいようであるが、
  明らかに風邪の菌に冒されていることがわかっているときは、
  チーバカの場合、ウミイグアナの鼻水程度の濃度でやっている。
  但し、そうすると鼻の粘膜を傷めてしまい、新たな菌に冒されやすくなる危険性も出てくるので、
  注意が必要と思われる。
  
2.塩水の量
  鼻から入れる場合と違って、どんなにたくさんの量を口にいれても、鼻に通せる量は限られる。
  過去の経験から言って、口に含む量は大さじ一杯程度がいいかと思う。
  しかし、それにしたって半分ほども鼻には通らない。

3.通し方
  さて、一番大事で、難しいところである。
  実は書いていても、果たして読んだ人が出来るかどうかはなはだ心もとないのではあるが、
  取りあえず、手順だけを示す。
  塩水を口に含む。
  舌の表面で塩水を保持したまま上を向く。
  舌の奥で気管と食道を塞ぎながら舌を開き塩水をノドへ溜める。
  ノドの上に塩水があたっている感じがすれば、舌の奥を持ち上げながら下を向く。
  以上で終わり。あとは塩水まじりの鼻水を他人に見られないように拭えばメデタシ・メデタシ。
  
  だが、とは人によってはとても難しいことのようである。そこで・・・

ワン ポイント アドバイス!
 の動作のとき、『世界のナベアツ』を思い浮かべ、いち、に、サンでバカになってみるのが有効かと思われる(いや、マジで)。
 の動作のときは、『バナナマン』のヒムラがやるトドの物マネをすると良いかもしれない(いや、ホントに)

以上説明だけはしたが、それをやるのはアナタ。
ただ、ただ、練習あるのみ。
来るべき「新型インフルエンザ流行」の前に「チーバカ鼻うがい」とマスターせられんことを。

尚、失敗して口から塩水を噴出してしまうことがあるので注意せられたし。

口から鼻うがい  

巷間、新型インフルエンザの話題で持ちきりのようである。
以前、風邪対策として、当ブログでチーバカ鼻うがいを記事にしたことがある。

そのときに三毛猫さんからコメントがあり、
「鼻うがい」は危険であるとの警告がなされた。
その後、当ブログにはそれを裏付けるような検索キーワードが続いている。
「鼻うがい 危険」は常にトップの検索ワードであるが、
明らかに危険を冒してしまった人も
「鼻うがい 耳に水が入ったら」「鼻洗浄で耳に水」「鼻うがい 耳の水 抜く」・・・
毎月数人は訪れているようである。

「チーバカ鼻うがい」は通常の鼻うがいとは違って、口から鼻に抜く。
そのため、耳に入る危険が少なく、かつインフルエンザに効果的であると考えている。
今回、流行の兆しが見える新型インフルエンザから、人類を守るため、あらためて記事を書くことにした。
おお!なんという崇高な目的、麗しき人間愛!


ではまず、何故鼻うがい、とりわけ「チーバカ鼻うがい」がインフルエンザに効果があるか?
耳鼻科の先生もおっしゃっているように
ウイルスはまず上気道に取り付くらしい。
チーバカの経験で言うところの、ノドチンコと鼻の奥がそれにあたる。
ノドチンコは通常のうがいで殺菌できるのだが、鼻の奥は通常のうがいでは殺菌できない

そこで鼻うがいが必要となるのであるが、
鼻からの塩水を入れて患部を殺菌するには、耳管に向けて流し込む必要が生ずる。
その結果冒頭に述べたような危険を犯さざるを得なくなる。
「鼻に塩水を入れて上を向く…」普通に考えて、恐れを知らぬ所作としか考えられない。
少なくとも私にはそう思えるのである。

一方「チーバカ鼻うがい」。
実は誰もが一度はどこかで経験していることなのである。
嘉門達夫の「鼻から牛乳」
くしゃみしたときの「鼻からうどん」
咳をこらえたあまり、「グッ!鼻からご飯」
「鼻から塩水」など簡単この上ないのである。

口から塩水を鼻に通す場合の利点は、
無理に耳管付近まで流し込む必要がないということ。
鼻から出そうと思えば、おのずと耳管周辺を通ることになる。
しかも、鼻から入れる場合と違って、一回に通せる量が少ないのである。
私は鼻に3本のうどんはつめられるが、生まれてこの方鼻から2本以上のうどんを出したことは無い(いや、全然説得力は無いが…)。
更に、ここが一番重要と思われるのだが、
「鼻うがい」の場合、最後に上を向くことになるのだが、これが耳管に水が入る最大の要因と思われる。
しかし、口から入れる「チーバカ鼻うがい」の場合、上を向いた状態から、最終的には下を向いて鼻水を垂らすことになる。
したがって、水は耳管周辺を通っても、耳の方ではなく、鼻の方へ流れていくので、耳管に水が入る危険性が極めて低いと考えられるのである。

※但し、上を向いた状態から、そのまま後ろへブリッジの体勢をとると耳管へ流れる恐れがあるので止めましょう。
また、前から下を向く場合でも、上を向いた状態から急激に下を向きそのまま倒立を目指そうとすると、鼻腔内にある副鼻腔に水が入り、副鼻腔炎を起こす危険があるので、気を付けましょう。

かような「チーバカ鼻うがい」をすれば、新型インフルエンザのみならず、旧来のインフルエンザと言えど、恐るるに足らず。
しかも、お金は一切かからないのであります。

では、実際に「チーバカ鼻うがい」を。
というところで、時間となりました。
「実践編」次回ということで。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。