自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けは他人の為ならず  

震災で多くの家の瓦が落ちた。

001_20110523222403.jpg

工事が間に合わず、半年待ちは当たり前。
なかには2年待ちと言われたところもあるとか。

002_20110523222403.jpg

そんな中、県外から応援に来てくれている瓦屋さんがいる。
県内の業者は価格が倍になっているというのに、
通常通りの手間賃で。

003_20110523222402.jpg

梅雨を前に修理ができたお施主さんの感謝の気持ちが職人に伝わる。
行った先々でお客さんに喜ばれる…

018_20110523222401.jpg

一週間の期日が終わり、帰る若い職人が言ったという。

008_20110523222359.jpg

「こんなに喜ばれたのは初めてです。来てよかった。」

009_20110523222714.jpg

仕事もさることながら、
わざわざ県外から来てくれた、その気持ちが、被災者である施主に伝わったのだと思う。

013_20110523222358.jpg

当地では瓦屋さんに世話になる。
機会があればその恩は、他県でお返ししよう。

015_20110523222749.jpg
スポンサーサイト

瓦降ろし  

敷地の関係で、解体屋さんが瓦を降ろせないと言っているらしい。
下に落とすと跳ねて建物を傷めるし、
それを運び出すのもかなりの手間になる…

「へ~ェ、んじゃ『滑り台』でも作りますか?」
ということで出来たのがこれ
滑り台

ほぼ一人で1時間以内でできた。
しかし、こんなものを考えたため、
瓦降ろしまでやるはめに…

やろうと思ってできないことなどない。
ただやる気がないだけなのである。



子供がお母さんに手を引かれながら、
振り返り、振り返り、ずっと滑り台を見ていた。
そうか…
瓦の後からチーバカが滑り降りて来る。
中々に面白い。ブハハハハ!

納戸  

床に何か?
a.jpg

押してみる
a (2)

ツマミをひいてみると
a (3)

ふ~ん、そういうこと?
a (4)






『プッシュツマミ』
b.jpg

こんな部品と工具で
b (2)

こ~んなふうに
014_20110507031754.jpg

やってみた
b (3)

b (4)

b (5)







普通は扉に付けるものなので、
028_20110507031753.jpg

座彫りは
013.jpg

しない。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。