自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敷き目天井  

前回の現場、珍しく『敷き目天井』をやったので手順を
010_20120705214526.jpg

天井板はベニヤに薄くスライスした杉を貼ったもの
041.jpg

直接手で触ると、手の油が付き数年後にはこんなことになってしまうので、軍手着用のこと
042.jpg

部屋の芯から寸法を割付け、貼り始めをカット
045.jpg

一枚目を廻り縁に乗せてから垂木を流し、貼り始め側だけ固定(反対側=貼り仕舞い側は固定しない)
046.jpg

廻り縁に割り付けてある墨に位置を合わせ
047.jpg

敷き目釘
048.jpg
をおもむろに取り出し、

トンボで天井板と垂木を密着させたうえで
050.jpg

で接合させる。尚ボンド併用のこと。
049.jpg

その後周囲をベニヤ等を当てて固定
058.jpg

一枚貼ったら、目板(めいた)と呼ばれる継ぎ目の板を差し込み、二枚目へと貼り進む
052.jpg

3尺(二枚)貼ったところで糸を張り
055.jpg

吊木で野縁を固定
053.jpg

以下これを繰り返し、貼り仕舞い。
060.jpg

最後の板を先にあげて置き、
062.jpg

この間に一枚差し込み、
064.jpg

先に上げて置いた板をやり返し
067.jpg

床の間、あるいは押入れ側の天井から敷目板と野地垂木を固定して終~了~~!
スポンサーサイト

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。