自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フック  

新築工事が終わり、お客さんからチーバカ直接
「壁にフックを付けたいが穴を開けたくないので板を貼って欲しい」と言われる。
?板だって壁に穴を開けないと取り付けられないのだが…
などと思いながらも、その心理を考える。
漆喰の壁に直接無粋な金属フックを取り付けるのが嫌…なのか。
で、造ったのがこれ。
005_20121112202922.jpg

ま、木と漆喰の家だから、やっぱ木のフックがいいのだろうと。
025_20121114225259.jpg

しかし、掛けるのはほとんどが絵画であるらしい。
でも、絵画を掛けるのであれば、木製フックの存在感は強過ぎる。
そこでフックはやめにして、直接絵画を壁に付けることにする。
027_20121114224427.jpg
白い漆喰を背景に少し壁から浮き出た絵画は陰影をかもし、中々に趣がある。
「なんか画廊みたい!」との評(いえ、いえ、奥様、チーバカそんなにたくさん絵を飾っているのは画廊以外に見たことありませんってば)。

いつも考える。
工務店ではなく、チーバカに直接依頼する。
それは何を意味するか。

工務店はもっとガンバるように!
チーバカに手間かけさせるんじゃない。
…いや、面白いけど。


尚、技術上の詳細は追記にて
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

アラカルト  

ここんとこ変なものばかり造っている。

新築したばかりの家で、
「絵を掛けるのに、壁に直接フックをつけるのが嫌」だというくとで、こんなのを造ったり
005_20121112202922.jpg
「井戸のポンプ小屋も新しく造って欲しい」とか
006_20121112202921.jpg

「ウッドデッキに合うようなテーブルを…」
018_20121112202920.jpg

「椅子も…」
051.jpg

とか…

でも、結構面白い。
端材はまだまだある。
まずは紹介だけ。詳細は追々。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。