自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業の仕事  

営業の仕事をやっていた頃。
チーバカ、薄々勘づいていたことがある。
『お客さんは営業であるチーバカを喜ばせてやろうとしている』

勿論お客は『必要だから買う』のであるが、
それならば、条件のいい相手から買えばいいだけである。
ところが実際にはそうではないことが多かった。

「300人分。定価でもいいから持ってきて。」
と言った事務長。
「でも、定価よりは高くならないでしょ?」
と言った設計会社社長。
新婚旅行から帰ってきたときの注文の山。
etc.etc...
チーバカの仕事への評価・その後への期待であるのではあろうが、
チーバカはそれらの注文に、お客さんの「笑顔」を思い浮かべていた。
キショー、どう仕返ししてくれよう…



DSCI0006_20130210145909.jpg

「今、工務店さんは忙しいの?」当主の問いを世間話の一つとしてしか聞いてなかったのだが、
三度目に聞かれたときはさすがに気がついた。

実はこのリフォーム、ほぼ一年前からの懸案であったのである。
一年前、現場の下見に来たおり、
トイレだけではなく、それに続く廊下を含めた部分をすべて改築したいという意向を聞いていた。
工期にすると約一ヶ月。
だから「暖かくなったら」ということで延期になったのである。
それがどういう経緯かはわからないが、一年後の寒い時期になってしまっていた。

DSCI0007_20130210154617.jpg

「本当は裏側全部の予定だったんだけど、こう寒くちゃね。細かい仕事で申し訳なかったね。」
「いえ、いえ、そんなことありません。こちらこそ申し訳ありませんでした。」

『本当は』こんな会話がしたかたのかもしれない。
「いやあ、面倒臭い仕事を頼んで申し訳なかったが、おかげで家族も喜んでるよ。」
「面倒だなんてとんでもない。こちらこそ喜んでもらえて、やった甲斐がありました。」

え?チーバカの妄想?
かもね。

お客さんのことをよく考えた上で、ニーズに合った信頼できる商品を売る。
そしてお客さんは商品への信頼と共に、それ以上の信頼を営業マンに持つ。
これはチーバカの経験則である。

チーバカ今は『信頼できる商品』なのであるが(え~い、誰がなんと言おうがそうなのである)、
かつては『信頼できる営業マン』でもあったので、
実は1年前に既にこの会話を『妄想』していたのである。
だから一年前、暖かくなった頃にはチーバカ来られないかもしれないと思ったので、
「工務店にはいい大工さん(商品)がいっぱいいますから」とお客さんと工務店にPRしたつもりであった。
自分でなくとも、誰かがチーバカの『妄想会話』をしてくれることを願って。

でも、ま、こんなこともあら~ね。
スポンサーサイト

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。