自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーバカ的瓦職人 1/31  

流しテープの上に瓦桟を打って、
DSCI0961.jpg
大工の仕事は終わり。

しかし今回は瓦も葺いてしまう。

…が、その前に、
DSCI0957.jpg
谷の板金が…

で、ガルバリウムを折って、
DSCI0954.jpg

取り付けた…
写真をを撮り忘れた。。。

そんなとこ。

で、明日からはいよいよ瓦葺き。

スポンサーサイト

チーバカ的瓦職人 1/30  

はずれていた妻側の化粧野地を撤去し
DSCI0934.jpg

新しく貼る
DSCI0939.jpg

下から見ると
DSCI0940.jpg

北側の広小舞も
DSCI0935.jpg

取り替える
DSCI0944.jpg

あとは野地板を
DSCI0946.jpg

貼り
DSCI0949.jpg

ルーフィングを貼り
DSCI0952.jpg

流しテープを
DSCI0953.jpg
打っていたら



本日の業務終~了~っと。

チーバカ的瓦職人 1/29  

先ずは解体。

瓦をはがして、ゴロンゴロン転がっている土を取り除くと、杉皮の下葺き。
屋根解体 (1)

杉皮をはがすと、桟木。
屋根解体 (3)

軒先と妻側は化粧野地。
あ、写真がない。
外れているところがあるので、貼替えなくては…

明日は午後から雨…か。
写真撮ってる暇ないかなァ。

チーバカ的瓦職人 1/27  

色々な事情から、チーバカ、瓦の葺き替えをすることになる。

こんな状態の屋根
葺き替え前 (2)

屋根に土を乗せそこに並べただけのため、地震でずれて雨漏りがする…
「この際葺き替えたい」

ということで瓦屋さんに頼んだのだが、忙しくて手が回らない。
んなわけで、面白そうなのでチーバカがやることになった。

震災の折工務店が買い入れて、処分を待つだけの瓦が余っているので
DSCI0917.jpg
これを使う。

ま、全部は揃ってないので、材料費は無料ってことで。

信頼出来る仕事  

チーバカの仕事をお客は信頼している。
なぜか?


『御指名』で縁側の床板の貼替え
DSCI0842.jpg

日が短いので5時には暗くなる。
お客さんはチーバカに気を遣い「もう暗いから仕舞って下さい。」
も少しやりたいチーバカだが、再三の言葉に仕事を切り上げる。

翌日も。

しかし、更にその翌日。
DSCI0863.jpg
トイレに続く廊下が夜になってしまった。
もちろん、このままにはできないので、
その日のうちにベニヤの捨て張りをする予定であった。

そこに「もう仕舞って下さい。」

しかし、今回はこのままでは仕舞にできない。
せめてベニヤを仮並べして、トイレに行けるようにしなくては…
「申し訳ありません。これだけはやらないと今日は安心して眠れません。」
トイレを指差す。

トイレ側の扉を開けて、お客さんもはたと気づく。
この状態でトイレに行くのは危険…
「ああ、なるほど。」
チーバカが作業をしていた外の照明も全て点け、チーバカが作業をしやすいようにしてくれる。



さて、チーバカの仕事が信頼される理由。
チーバカがお客さんのことを考えて仕事をしているから?
ではない。
それは『チーバカが信頼される』理由にはなるが、
『チーバカの仕事が信頼される』理由にはならない。

本当の理由は、チーバカが自分のために仕事していることをお客さんが感じ取っていることによる。
『お客のためによかろう』と思った事すら『サービス』ではなく『自分の仕事』としてやっている姿勢。
そんな人間がいい加減な仕事をするはずはない…

「ありがとう」の言葉ではなく、無言で照明を点けてくれたお客さんに、ふとそんな印象を受けた。
「ありがとう」はチーバカに対する評価であるが、
照明はチーバカの仕事への評価・協力であると。

ま、よくわかんないっしょ?
でもホントだよ。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。