FC2ブログ

自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理解する  

自分の立場でしか物事を見られない。
そんな人におすすめの職業が営業。
なぜなら、そんな人には物は売れないから。
売ろうとすれば、相手の立場に立つことが必要になる。
それには…想像力が必要とされる。

給与計算のできるタイムレコーダーがあった。
毎日タイムカードを押すと、月末に自動的に集計してくれるタイムレコーダーである。
20~30万程度の商品で、足が速ので、ちょっと売り上げの足りないときの調整に丁度いい商品であった。
5年リースにすると月5~6千円くらいか。
しかし不思議なことに、売れる営業には売れるが、売れない営業にはさっぱり売れない商品であった。

ちょっと考えてみて欲しい。
アルバイト・パート従業員12人の給料計算に月6千円を払う。
高いか?安いか?

単純に算数の計算と考える。
1~2時間でできるだろう。
6000円は高い。

しかし、その背景を考える。
給与は貰う方にとっては重大なことである。
厳しいパートのオバサンが相手・・・
一円たりともミスは許されない。
しかもそれは、月末の忙しい時期、色々な支払いと重なっている。
経理担当などいない。
誰がそれをやるか?
経営者、あるいは奥さん。

経営者は知っている。
従業員の不満の多くは黙らせることはできる。
しかし給与計算の間違いだけは黙らせることはできない。
それはまさに従業員の信用につながっていることであることを。

それだけに給与計算は神経をすり減らすことなのである。
10進法と60進法、端数のまるめ算。

そう、それは時給3000円を払ってでも他人にやってもらいたいくらいのプレッシャーを強いる。
しかし、経営サイドでやらねばならない仕事なのである。
「へ~あの人は月○○円ももらってるんだ」などと他人に知られてはいけない情報だから。

そんな苦労を前提に考えれば、
6000円は・・・安い。あまりにも安い。のである。

そんな苦労が理解できれば、売れないわけがない!
のである。


何に限らず、相手の立場を理解すれば、必要なものは必ず売れるのである。
コメント

なるほど

ヾ(・◇・)ノこれはきっと続くのですな~?
(と言いますか続きですね)
タイムカード、その辺をアピールすれば、
購買に繋がるワケなんですね( ゜ー^)p

給与計算に新たに人を入れるよりは、
月末とか月締めヽ(´▽`)/には六千円は安いか。

占い師mecha #- | URL
2009/03/27 13:27 | edit

to 占い師mecha さん

あわわ…
つ、続きは、あ、ありません。。。

と言うのも、これはかな~り簡単に決着が着く商品で、
営業的面白話しはほとんどないからであります。

敢えて言うならば、営業が「売れないわけがない」と思うその気持ち、そしてそれをお客の立場に立って説明すること、くらいでしょうか。
あとは商品自体が売ってくれます。

意外と面白かったのは、
「いらない」と言っている奥さんのために社長であるご主人が購入を決めることが結構多かったこと。
そして決まってからは、奥さんが一番営業に優しく接してくれたこと。
それを社長が満足気に見ていたこと。
今思えば、そこにはまぎれもなく、平成の世に昭和が生きておりました…。

チーバカ #l3W7yd.M | URL
2009/03/27 19:09 | edit

こんばんは(^_^)

気のせいかも知れませんが、私が休むとチーバカブログがよく更新されるように思います。本当にそう思います。

で、ずっと冬眠中に考えてたのですが、チーバカさんは大工さんじゃないのですか?なんでコピー機の販売をしてるのですか?全くわけわかりません。あばばばば・・となりました☆仕事(大工さん)辞めたのですか?

三毛猫 #- | URL
2009/03/28 21:59 | edit

to 三毛猫 さん

>気のせいかも知れませんが…
はい、気のせいです。
いや、ホントに。
まるっきりそんな意図はありません。

>なんでコピー機の販売をしてるのですか?
あ、いえ、昔、昔のお話です。
でも、今考えております。
ちょと住宅の営業をしようかと。
職人が職人としての仕事ができなくなりつつある今の状況下、
職人を活かす仕事のありかたを探ってみたくて。
で、過去を振り返ってみているのであります。
この業界(建築業界)とは違った業界でやってきた営業活動。
私はそれを本来の営業活動と考えております。
しかし、それはこの業界の現状とはかなり違っているように思える。
端的に言えば、プロの営業ができないしわよせを職人に押し付ける業界の体質。
そこに風穴を開けて、職人が職人としての仕事ができないものか?と。

チーバカ #l3W7yd.M | URL
2009/03/29 00:12 | edit

こんばんは~

体調はどうですか~?(笑)
わたしゃ、まだまだでございますわ~(汗)

 >何に限らず、相手の立場を理解すれば、必要なものは必ず売れるのである。

おっしゃる通りで・・・v-424
住宅営業の件は具体化しそうですか?
私も今年水道修理から住宅設備で
自分で営業活動しようかと密かに思っています
どういった提案が施主に出来るのか
具体案を考えたりしています・・・
それゆえにこのシリーズの記事参考になるので
楽しみに読んでおりまする~v-432

ぺろりん #odhe05w2 | URL
2009/03/30 23:22 | edit

to ぺろりん さん

体調はどうですか~?
今日ユーカリさんで、脊髄注射をしてもらってきました。
上棟で気合を入れ過ぎたようです。。。
明日には回復するかと思われます。

住宅営業
構想としては300軒の固定客を作る。
単純に言うと、それだけなのでありますが、
それに至る方法を実践してみなければいけないので、
既存工務店で実験しようというのが現状の考えであります。

どこまで書いたかは覚えておりませんが、
十数の職方が夫々「食べられる」くらいの仕事を得るにはそれくらいの数の顧客が必要と思われます。
その上で、その顧客数を利用してプラスアルファの仕事を夫々の職方が自分で考える。
それが目的であります。

今月行った工務店は、トップは危機感を漠然と感じてはいるようでしたが、硬直化した組織が変革を拒んでいるようでした。
組織を変えることに精力を使い果たしてしまいそうで、面倒なのでやめました。

とにかく先ずは、構想を実現するための顧客の獲得のノウハウの蓄積。
先ずはそれを優先したいと思っております。
「職人直営」の謳い文句での顧客獲得は今のところ二次的な方法として、通常の営業活動の中で可能性を考える程度にとどめるつもりです。

「職人直営」だから安い。
というのでは、チーバカがやる意味はないと考えておりますので。
ま、結果的には安くはなることは予想されますが。

自分で営業活動しようかと
もし営業活動経験が豊富であると言えないとすれば、少なからず慎重であることをお勧めします。
自分で言うのもなんですが、
私は営業としては100人いれば10指には入る人間と自負しております。
それでも、業界が違えば『本当に自分に受注できるだろうか?』と不安を感じます。
それほどまでに営業とは難しいものと考えているのです。

『営業とは看板を背負った個人商店だ』
かつて上司から言われた言葉です。
意味は、『会社という看板は背負ってはいるが、営業は個人としての信頼を大切にしろ』ということですが、
逆に、『看板』のない営業はとても難しいことを意味しております。
それは、一代理店と上場メーカーの看板の差を書いた記事にも一端が伺えるかと思われます。
余程の自信が無い限り、看板の差を埋めることはできません。
というか、客の対応の差に心が萎えるのが一般的かと思われます。

チーバカ #l3W7yd.M | URL
2009/03/31 01:00 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。