自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「正義」の話しをしよう 2/3  

工務店の応援のあと、チーバカへの直接の依頼。
しかし、ガソリンが無い。
市内で唯一、毎日給油しているガソリンスタンドがあるが、長時間並ばねばならない。
『しゃ~ね~な…』

仕事を早めに切り上げ、3Kmの行列に並ぶ。
数日前に並んだ嫁の話では、4時間もかかったという。
それは、三方向からの行列と割り込みによるものであった。

チーバカが並んだときは、混雑緩和のため、一方向からに規制されていたため、
行列は比較的スムーズに流れており、割り込みも無いようであった。

スタンドに近づいた頃、前の方で割り込み車があったようであったが、
多分、流れがスムーズなため、敢えて割り込みによるトラブルは起きていないようだ。
しかし、チーバカの前で割り込み車があったらどうするか…?
行列の中、考える時間はたっぷりあった。

地震とそれに伴う津波の被害を知り、
被災者に対する日本人、いや世界の人々の思いを知った今、
チーバカの人間への信頼は揺ぎない確信へと高まっていた。


帰りに寄った金物屋さんとの会話…
チ:「いやァ、ガソリンが無くなっちゃって、今日並んじゃいましたよ。」
金:「時間かかったでしょ?」
チ:「でも、思ってたほどじゃなかったですよ。2時間くらいでしたね。多分入り口を一方向に規制したんで流れがスムーズになったんでしょうね。」
金:「ああ、それくらいなら並ぼうかなァ」
チ:「あと、割り込みも無くなったし。前の方で一台あったくらいかな?」
金:「何?割り込みした奴がいたの?」
チ:「ええ、多分反対車線から入ってたみたいですよ」
金:「それでどうしたの?」
チ:「ま、スムーズに流れてたから、みんな放って置いたじゃない?」
金:「ダメだよ放っといちゃ!そんな野郎は皆で追い出さなきゃ。俺なら『ダメだ!出ろコノヤロウ!』って絶対追い出すョ。」

チーバカ、とても情けない気がした。
この金物屋さんは震災から何を学んだのだろうか?
被災者のために何かしなければと思ったであろう彼。
それは自分を被災者の立場に置いて思いめぐらしたであろう気持ちであったはずである。
それが、割り込み者に対しては相手への共感は一顧だにせず、正義を振りかざす…


チーバカの前で割り込み車があったらどうするか…?
『考える時間はたっぷりあった』行列の中、考えていたチーバカの対応は、
「色々な事情で、早く給油したい気持ちはわかります。でも他の人も多分夫々の事情で並んでいるんだと思います。それを考えてみてはどうですか?それでももし『どうしても!』というのであれば、事情を話してくれれば、場合によっては私の順番をお譲りします」
ウヒャ~~!チーバカ神様のようである。
しかし、それが受け入れらない場合…
いや、チーバカにはそれが受け入れられるという確信があった。
なぜなら、ただでさえ日本人が強く持っている共感能力が、震災で最高レベルまで高まっているのだから。




コメント

「色々な事情で、早く給油したい気持ちはわかります。でも他の人も多分夫々の事情で並んでいるんだと思います。それを考えてみてはどうですか?それでももし『どうしても!』というのであれば、事情を話してくれれば、場合によっては私の順番をお譲りします」
と、心の中で呪文のように唱えながら、実際は持ってるかなづちでドツキ回してるんじゃないですか?

思わず金物屋が「暴力はいけません!」と止めに入ったりして。うあはっは~~

世の中は何が起こるかわかったもんじゃありません。

三毛猫 #- | URL
2011/04/01 11:04 | edit

to 三毛猫 さん

何が起こるかわかったもんじゃありません
はい、同感です。
中でも自分が一番予測しがたいと思っております。
それに比べ、他人はチーバカにとっては比較的予測しやすいのであります。
したがって、上記のチーバカの言葉が受け入れられないことは疑えません。
もし、受け入れられないとすれば、
それは、チーバカの伝え方が悪いからで、
『常に自己を省みる(高校の内申書の評)』チーバカ、
別の伝え方を考えるのであります。
それは相手の反応次第でありまして、最適と思われる方法がとられます。

例えば、相手が神様のようなチーバカの心の広さに甘えているようであれば、
神罰というものがあることを思い出させてあげたり…。
余談ながら『かなづちで』ということはありません。
チーバカ『タイマン・得物無し』を原則としております。

しかし重要なのは、その時チーバカは『正義』を振りかざすことはないということです。
チーバカの思いを相手に伝える、すなはち『共感』を求めるだけなのであります。
「オレはこう考える。オマエだってそう思うだろう?」
『オレは正義でオマエは悪だ』ではない。
だから、彼とは対立しない。

チーバカ『善悪』など存在しないと考えております。
文化人類学に造詣の深い三毛さんであれば、ご理解いただけるかと。

チーバカ #l3W7yd.M | URL
2011/04/01 21:51 | edit

文化人類学☆

大好きです~~特に、「少数民族を守る」と言う名目でイヌイットを隔離保護して、冷凍食品を食わせて下痢させてるカナダの人など、最高です。正義の旗の前に、常識は無力です。うあはっは☆

ほんと、勉強は怖いですよ・・しなきゃよかったと思うことがかな~りあります。世の中は知らない方が幸せなことの多い事、多い事。

三毛猫 #- | URL
2011/04/02 16:20 | edit

to 三毛猫 さん

冷凍食品を食わせて・・・
一体全体、三毛さんには、どうしてこうも面白話しが集まるんでしょうね。
なのに、
勉強は怖いですよ…
などとは、
どんな情報を隠し持っているのやら?

チーバカ #l3W7yd.M | URL
2011/04/04 03:39 | edit

本多 俊和先生

イヌイットのことは本多 俊和先生の授業で聞きました。この先生の本名はスチュアート・ヘンリです。なのになぜか本多 俊和なんです。不思議でしょ?

名前が2つありますが、私も結婚前と後じゃ名前が変わったからそんなに驚くことでもありませんね~~

三毛猫 #- | URL
2011/04/09 01:54 | edit

to 三毛猫 さん

スチュアート・ヘンリ
それはいけません。
チーバカの知るかぎり、スチュアートは姓であり、ヘンリーは名前であるかと思われます。
それを逆さにするなど、日本人としてあるまじき所業であります。
彼が、『日本人は相手の国にあわせて姓名の順番を入れ換える』と思い、
日本人としてそうしているならば、
大いに反省しなければいけません。
日本人は身分をわきまえるという常識があるのであります。
サムライが町娘を正妻にできないように、
彼は『青い目』という立場をわきまえなければならないのであります。
まして彼は教授という立場にあるわけですから、
その威厳を保たねば社会秩序が乱れてしまいます。

尊敬の念を込めて『ヘンリーさん』と呼んだら、
実はフランクな呼び方だった…なんて、
私なら切腹してしまうことでしょう。
いや、私のみならず、多くの日本人の共通の思いであるかと思われます。
スチュアート教授をヘンリー教授と呼んでしまったであろう三毛さん、
さ、日本人として見事に切腹して下さい。

だから、どうして三毛さんのまわりには、そんな変な(面白い)人がいるのか?
変な人・変な情報・変な出来事…
三毛さんが引き寄せているとしか思えないのであります。

チーバカ #l3W7yd.M | URL
2011/04/10 00:03 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。