FC2ブログ

自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元服  

チーバカ、子供の頃親戚の農家でアルバイトをしたことがある。
実はチーバカ、今に至るまで、後にも先にもそのときほど一所懸命に働いたことはない。

小学4年のときであった。
父と仲のいい兄である伯父がチーバカをカボチャ拾いの手伝いに誘った。
現金が好きなチーバカ、小遣いを稼げるとの思いから、一も二もなく快諾したのだが…

アルバイト前日、
母がチーバカを呼んだ。
来客用の座布団にチーバカを座らせ、
「お前は明日H伯父さんのところで仕事をするけれど、決して恥ずかしい仕事をしてはいけない。お前がいい加減な仕事をすれば、お前だけではなく、チーバカ家がいい加減だと思われてしまう。お前はチーバカ家の代表として行くのだということを決して忘れないように。」

『いくら貰えるかな~?ウシシ…』などと考え浮かれていたチーバカ、
一瞬にして奈落の底に突き落とされた。
『チーバカ家の代表として』
アワワワワ…

チーバカの父方の親戚は、かなり面倒な一族で、
10人ほどいる兄弟姉妹は皆個性が強く、良く言えばそれぞれ一家言の持ち主であり、
兄弟姉妹間の対立は茶飯事であった。
のちになるが、父の弟が他界したとき、その嫁である叔母が「今後は一切関わりません」と宣言したほどである。

もちろんそんな大人の事情などチーバカには知る由もなかったが、
簡単な付き合いではないことは、子供ながらに感じてはいた。
そんな付き合いが今、自分に突きつけられたのである。
アワワワワ…

アルバイト当日。
そりゃあもう、一家の威信を背負ったチーバカ、
ラグビー選手もかくやと思われる動きで、蔓から切り離されたカボチャを拾い上げ、ゴールに向かう。
しかし、ヒョイヒョイとカボチャを投げ入れるチーバカに、伯父がクレームをつける。
「チーバカ!そんな風に投げ入れちゃ、カボチャが割れるだろ!もっとそっと置きなさい。」
ウ~ム、なるほど、。
素直なチーバカ、カボチャを優しくそっと置く。
しかし、その『優しくそっと置く』ための時間を取り戻すために、ランニング速度を上げる必要が生ずることとなる…

昼休みの、カボチャのヘタを掴み続けたために切れた親指の痛さも、
仕事の終わり頃には、全然気にならないほど疲れ果てたチーバカ、
『もう二度と親戚のアルバイトなど行かない』と心に決めたのであった。。。


数日後、H伯父さんがチーバカ家に来て、
父と母の前で、チーバカの働き振りを大層褒めた。
そりゃそうである。
同い年でチーバカほど体力がある小学生は滅多に存在しない。
そのチーバカが死ぬほど一所懸命働いたのである。
それを評価しない人間などあろうはずがないのである。ウハハハハ!

と、思う間もなく伯父は言った。
『今度の日曜日、ユリ(の根)拾いの手伝いに来て欲しい。』

アワワワワ…
コメント

タイトル絶妙ね

ずっと笑って読んでたけど。。。

一所懸命のチーバカ君や、アワワワしちゃったチーバカ君が目に浮かぶよう。
小4のチーバカ君に会えたみたいでうれしいです。

「もう親戚のアルバイトには行かない」というのは、「どんな風に仕事したいか」につながって、主体的にやりがい感じながらお仕事されてる、今のチーバカさんになるのね。

かめこ #u6i4c2k. | URL
2013/09/06 23:32 | edit

to かめこ さん

今のチーバカさんになるのね
かめこさん、すごい!
チーバカ、今の今までそこに全く気付きませんでした。
あ、そっか、言われてみれば、な~るほどであります。
お金のためでも、他人のためでもなく、『自分のために働く』という考えの原点の一つがここにあったのですね。
いやァ、やっぱり自分のことはよくわからないもんです。
かめこさんに感謝、感謝。

チーバカ #l3W7yd.M | URL
2013/09/08 13:08 | edit

次のバイトは・・

( ̄∇ ̄*)行かれたのでしょうか?
機微に長けている二番目のご長男らしい働きです♪

で、伯父さんご指名の、
ユリ根をほっ繰り返すバイトは受けましたか?

ウッサイ伯父さんには多大な期待をされたんですね。
確かに原点はここにある・・のかもしれないです☆

mecha☆ #- | URL
2013/09/12 09:41 | edit

to mecha☆ さん

行かれたのでしょうか?
元服したのでありますから、行くしかないのでありました。。。

でも、ウッサイ伯父さんは、たかだか子供のチーバカすらもジッと真剣に観察する、それはそれは優しい伯父さんでもありました。

実のところこの記事を書いたのは、
帰省して、今は亡き伯父を慕ってその息子であるチーバカの従兄弟に嫁いだお嫁さんに感激したのが原因なのであります。
その伯父を正しく評価している人間は、今はチーバカとそのお嫁さんだけであるという思い…。
いや、違う。
その伯父をチーバカと同じ目線で評価してくれる同志を見つけたという思い。
そんな意識が書かせた記事だったりするわけです。

客観的に見れば、『ウッサイ伯父さん』は正解で、親族からも煙たがれたのですが、
『悪ガキ』のチーバカを可愛がってくれた数少ない父方の親族ではあります。

アルバイト以前は、弟の息子として可愛がってくれていたのですが、
アルバイト以後は、チーバカとして可愛がってくれるようになったのです。
ある意味では自分の子供達以上に。

従兄弟に嫁いだお嫁さんは面白い人で、
「このお父さんのとこならいい農業ができる」と思ってチーバカの従兄弟と結婚したのだそうです。

山っけのあるその従兄弟と真摯なお嫁さん。
心が離れつつあるのを感じたチーバカ、伯父のために『一肌脱がねば』と思った次第なのでありました。

え?なんの話し?
失礼致しました。。。



チーバカ #l3W7yd.M | URL
2013/09/13 23:03 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。