自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーチ柱  

外壁が仕上がった。

独立のポーチ柱
サイディング (3)

普通は出隅コーナーを使うのだが、
ポーチ柱を出隅コーナーでやると、柱の間にコーキングが二列でき、いかにも「サイディングです」感が出る。
なわけで、サイディング屋さんの提案で今回は隅をコーキングで納めた。
すっきりして、いい感じ。
石目調のサイディングなので、よけいにしっくりくる。

いいのは見た目だけではない。
下地の胴縁の間隔もあけられるので通気も取れる。
そしてなによりコストが下げられる。
よくよく計算すると、10万円以上コストが下がった。
単純なはなし、(柱3本×出隅4箇所×立て6段×2000円(仮)=144000円)-(柱3本×3m2×4000円=36000円)=108000円のコストダウンとなる。

こんなにいいことだらけなのに、一般には出隅コーナーを使う。
何故か?
おそらくは、出隅は手間がかかる割には、それに対する対価が少ないからだと思われる。
上記計算は材工共の価格なので、仮に半分が工事金額とすれば、その違いがわかると思う。

写真をみればわかると思うが、石目に合わせてコーキングをデコボコにしてある。
真っ直ぐになでると単調なラインになり、コーキングが目立ってしまう。
石のラインに合わせて根気よくヘラで押さえているのである…

コーキングが上手い職人だからできた提案で、
銭儲けが下手な職人だからできた提案なのである。

今回の仕事でチーバカが「旦那」に紹介した数少ない職人の一人である。
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。