自満ブログ

自己満足のブログ、略して自満ブログ。 どうやら自満のために生きている筆者のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームワーク  

「大工さんに職方を注意して欲しい」
工務店がチーバカに言う。
現場に常にいて、職方の仕事もある程度把握している大工に、
現場での職方の不注意をその場で指摘して欲しい。
そんな思いであるのかと思う。
しかし、他人の仕事など知ったこっちゃないチーバカ、「はいはい、わかりました」などと言うわけもない。
と言うか、一体全体職方の何を注意しろというのだろうか?

とある職人、
仕事を終え、建物の周りをきれいに掃除している。
ま、いつものことではあるが、その日は特に入念であった。
「なんだか今日はずいぶん入念ですねェ、よっぽど仕事が暇なんですか?」
冷やかし半分にチーバカ。

「いや、前の現場で怒られちゃってな」

前の現場で掃除が出来てないと怒られたそうである。
しかしその職人にも言い分はある…

「チーバカさんとこみたいに片付いてる現場なら、言われなくったって『片付けなきゃ』って思うけどよォ、
なんたってひっちゃかめっちゃかな現場で、使う材料だかゴミだかわからないものをよけて掃除しなきゃいけないし、片付けたって、ちっともきれいにならないんじゃ、やる気にもならない…」
で、適当に片付けたら怒られた、とのことであった。

なるほど…

チーバカ、彼を弁護したい。
実は彼、チーバカの現場では自分の出したゴミだけでなく、チーバカが出したゴミも当たり前のように片付けてくれているのである。
それは何もチーバカと仲がいいからではない。
チョットばかりのゴミならば「ついでに」片付けるくらい「当たり前」のように思っているからである。
少なくともチーバカの現場では。

チーバカ、とてもうるさく言うことがある。
「いつでもいいが、『業者がい入るか』は連絡して欲しい」
その業者が仕事がしやすい状況にしておくためである。
設備屋さんが入るなら、水廻りを仕上げ邪魔になるものは別のところに移動しておく。
電気屋さんが入るなら、脚立を自由に立てられるようものをまとめておく。
もちろんどの業者が入っても気持ちよく仕事ができるように掃除も…
チーバカにとってそれは、おそらく各職人に対しての敬意なのだと思う。

そして多くの職人はその「敬意」に応えてくれる。
大工というだけで、何の権限もないチーバカができることは、職人を信頼することだけなのである。
それがチーバカの考る、家を造るためのチームワーク。

え?突然「チームワーク」って?
いいの、いいの。
チーバカがこの工務店にきたときに、
仲良しこよしをチームワークと言って、好き嫌いで職人を差別していた監督を思い出したから。
もちろんチーバカ、その監督には大いに嫌われていた!ブハハハハ!





コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。